アメリカの西部開拓時代が終焉を迎えた1900年、
テネシー州ノックスビルに“Healthknit”は誕生しました。
その高い品質に裏付けされた着心地、耐久性により
その名はすぐに全米へと広がることになりました。

“Healthknit”の代表的なアイテムに3つボタンのヘンリーネックシャツがあります。
西部開拓の大地、フロンティアスピリット、人と自然の結びつきから生まれたこのワークウェアは、
アメリカを象徴する古き良き時代の働く男達に支持されていました。

当時のワーカー達と言えば、デニムとダンガリーのワークシャツ、
そして3つボタンのヘンリーネックニットシャツが代表的な姿でした。
働く男のユニホームと言えるこの3つボタンのヘンリーネックウェアは力強い男のスタイルとして、
古い写真集から見出すことができます。

過去から現在に至るまで常に上質な原料から紡績、
ソーイングまでの厳しい一貫した生産管理の下で作られている3つボタンヘンリーネックシャツは、
アメリカンベーシックニットウェアのプロト的存在とまでいわれています。

3つボタンヘンリーネックは完成から100年余の月日を経て、
今では世界中でもっともスタンダードなニットウェアとして親しまれるアイテムとなっています。
現在では様々なメーカーから素材やカラーを変えて発表されていますが、
そのベースとなっているものは、
この“Healthknit”の3つボタンヘンリーネックニットシャツなのです。